ブログBlog

それでも僕は仕事に向かう!

41・番外編その三、一年半後のMRIさてその結果は(それでも僕は仕事に向かう!)

41・番外編その三、一年半後のMRIさてその結果は(それでも僕は仕事に向かう!)

 

発症後およそ一年半後のMRIの検査を先日行った、半年前に行った時には新しい高速もできていらず状態は安定していた。

一年後の状況はおおむね良好であり、29・番外編その二、一年後のMRIさて結果はで記したとおりであるが、さて今回はどうであろうとやはり緊張する。

MRIを撮り終え診察室に入ると医師の明るい顔から悪い状況ではない事が感じ取れた。

ん~磯野さん解離を起こした部分に少し血流が戻って来ているね。いきなり大量に血流が戻るのはそれはそれで危ないのだけれど、少しずつ戻っている事は良い事ですね!と嬉しい結果であった。

しかし、血流が戻ったとしても梗塞を起こし血流が止まってしまった血管の周りの脳細胞の組織は元には戻らない!リハビリを地道に続け駄目になってしまった指令系統の新道をつくらななければならない。

脳幹という太い重要な血管に血流が戻ってくるという事は、梗塞を起こしてからその駄目になってしまった脳幹の周りの細い結果が頑張っていたということで、血栓ができた場合詰まりやすいという事であり、そのリスクが下がるということと理解し少し、いやかなり明るい材料となったMRI検査となった。

MRI 一年半後比較

▲ PAGE TOP